妊娠してからずっといけなかった歯医者に子ども連れで行ける医院って?その特徴は?

保育士在中の歯科医院

保育士在中の歯科医院

子どもの専門家である保育士が在中してくれていると、本当に安心しまうしょね。
託児で預かってもらい、大人の治療中お子さんは魅力的なプレイルームなどで、保育をしてもらえます。
ただし、たぃぞで預けられる子の年齢に上限がつけられている等、細かいルールはありますので、各医院でご確認ください。
保育士による保育ですので、絵本の読み聞かせや手遊びなどでお子さんが楽しく過ごせる工夫がされているばかりか、将来お子さんが歯科医院に通うようになる時のための虫歯予防方法やどうして歯を大切にしなくてはいけないのか?等のお話もしていただけたりします。保育士と歯科助手さんがタッグを組んで口腔ケアについてのお話がしていただけるとお子さんの今後の歯医者さんがよいと、親御さんの口腔ケアがともに可能になるのでとても助かるのではないでしょうか?

自分のメンテナンスは必要

親になった皆さんに自分の時間なんてものは無くなります。
特に乳幼児の時期は親にとって、自分=親で羽後金がならない大変な時間となります。
睡眠時間も、お風呂の時間も、すべてにおいてお子さんと共有することになりますから、自分のメンテナンスがおろそかになりがちです。
しかし、幼少期に親の存在がかけることは不可能。ひとり親の育児は大変どころの騒ぎではありません。
自分がいつ寝て、いつ起きたのかわからなくなる忙しさなのではないでしょうか?
そんな時に、自分のメンテナンスを怠ってしまい、欠けてしまうとお子さんが一人で生きていかなければならなくなってしまいます。
そうなると、他人を家に入れなければならなくなったりして、自分の理想の育児ができなくなってしまいます。
たった数日の帰省でも狂ってしまう乳幼児の体内時計を戻すのにどれだけ苦労するか…と考えると子どもが乳幼児の時期に親は片時も離れることができない存在といえます。


この記事をシェアする